東三河ジオパーク構想

ジオパークって?

ジオパークってなぁに??

ジオパークとは、「地球・大地(ジオ)」と「公園(パーク)」とを組み合わせた言葉で、「大地の公園」を意味し、地球を学び、丸ごと楽しむことができる場所をいいます。大地の上に広がる動植物や生態系の中で、私たち人は生活し、文化や産業などを築き、歴史を育んでいます。ジオパークでは、これらの3つの要素(ジオ・エコ・ヒト)の繋がりを楽しく知ることができます。

ジオパークは、見どころとなる場所を「ジオサイト」に指定して、多くの人が将来にわたって地域の魅力を知り、利用できるように保護を行います。その上で、郷土学習や防災学習などの教育活動や、ジオツアーなどの観光活動に活かし、地域活性化に繋げる仕組みです。

CONTACT

 愛知県の東部に位置する東三河は、日本最長の断層帯「中央構造線」がつくる谷と川によって山と海が結ばれ、人々の豊かな暮らしを培ってきました。
東三河の大地は、貴重な地形や地質、美しい景観と豊かな自然環境に恵まれ、そこに生息する固有の生物や多様な人々の暮らしと文化を育んできた地域です。

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP