東三河ジオパーク構想

取り組み

平成29年度東三河にジオパークを!シンポジウムを開催しました

ジオパークの楽しさと設楽地域の大地の魅力を感じるシンポジウムを開催しました!
午前の部では、糸魚川ジオパーク事務局長の渡辺成剛さんによる「ジオパークで地域を元気に!!」、豊橋市自然史博物館の松岡敬二館長による「東三河のジオパーク構想~設楽地域のジオサイト~」について講演いただきました。
また午後からは、ミニジオツアー(ジオ&まつりを楽しもう)2コース
津具コース~津具金山信玄坑をたづねよう~」「田峯コース~田峯城をたづねよう~」 が行われ、67名の参加がありました。
アンケート結果は、こちらPDFファイルを表示



ジオガイド養成講座の終了試験が行われました!【H29.7.15(土)】

H29.7.15(土)に東三河の大地(ジオ)の魅力を地域の方や観光で訪れる方に伝える「ジオガイド」を養成する講座として全11講座が終了し、そのまとめとして終了試験が行われました。
合格者は、冬からフィールドを中心に開催される「ジオガイド認定講座」へ進むことができます。

平成28年度東三河にジオパークを!シンポジウムが開催されました!

H.29.2.19(日)東三河のジオの魅力と地域に秘められた可能性を発信し、東三河ジオパーク構想の周知を図るシンポジウムが盛大に開催されました。
午前の部では、南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク事務局の藤井利衣子さんによる「ジオパークっておもしろい!」、豊橋市自然史博物館の松岡敬二館長による「東三河のジオパーク構想~豊川のジオサイトの魅力~」について講演いただきました。
また午後からは、ミニジオツアー2コース
「豊川の流れが織りなす人と自然の歴史コース」「豊川と大地の変動を感じる浪漫コース」 が行われました。
(クリックで拡大)
(クリックで拡大)
大地のコース

H28.12.11(日)奥三河の大地をめぐるジオツアーを開催しました!

晴天の中、大地に刻まれた1600万年の旅「奥三河の大地をめぐるジオツアー」【茶臼山~面の木コース】が、モニターツアーとして開催されました。
当日は、48名の参加がありました。
コースは、新城市鳳来総合支所発~道の駅グリーンポート宮嶋~豊根村ハナノキ園地(ハナノキ自生地)~茶臼山~設楽町面の木ビジターセンター~設楽町天狗棚~新城市鳳来総合支所


(クリックで拡大)
(クリックで拡大)

CONTACT

 愛知県の東部に位置する東三河は、日本最長の断層帯「中央構造線」がつくる谷と川によって山と海が結ばれ、人々の豊かな暮らしを培ってきました。
東三河の大地は、貴重な地形や地質、美しい景観と豊かな自然環境に恵まれ、そこに生息する固有の生物や多様な人々の暮らしと文化を育んできた地域です。

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP